47=高札場跡

碑文:

「高札」とは、法令・禁令など板札に墨書きし、ひと目につきやすい場所に掲示したもので、ここは、明治6年まで、野州烏山藩の高札場であった。

厚木市林3-5-43付近

改訂版の本の中に掲載されている写真の背景には企業の倉庫のような場所だが、現在はマンションが建設されておりその道路際にある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください