41=干無川(ひなしがわ)妻田東

碑文:

干無川の由来は、水源が湧水のため、「干」たことが「無い」川という意味である。

昔は、水車などもあり、冷たい澄んだ水の流れは、生活の場であった。昭和30年代ころまで、農業用水として利用され、農家にとっては重要な水資源であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください