31=寺道

関口300付近ということでグルグル廻ってたら突然畑の淵に立っていた。

長坂住民は、元は殆ど関口(東)に居住していた。
年代は明瞭ではないが、この長坂に耕地を求めて居住した。
先祖の寺は大信寺であったので、墓参りや念仏講中など大信寺に行く機会も多くこの道を頻繁に往来したことから寺道というようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください