13=馬頭観世音

ここは車道からは植物に隠れて何度か通り過ぎても気が付かなかった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

平塚方面から来た荷馬車が暴れだし、馬主が死亡したことから、馬を慰め、馬主を弔うため、明治41年9月、近郷近在の馬の関係者により馬頭観世音の碑が建立される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください