Jeff Lynne’s ELO – Alone in the Universe

Jeff-Lynne's-ELO-Alone-In-The-Universe

ELO、15年ぶり全曲新曲の新作!ELOの15年ぶり新作!
既に公開されたファースト・シングル「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」は、ジェフ・リンの少年時代の夢やこれまでの音楽人生について歌った曲。既に名曲として永遠に残っていくことが約束されたようなメロディで「ヴィンテージELO」サウンドともいえるもの。ジェフ・リンは新曲に関してこう語っている。
「音楽は人生に強力な影響を及ぼすんだ。1つのいい曲があれば、人はこの宇宙で孤独感をずっと味わわずに済む。そういう曲を1つ作ろうとすることによって、僕自身の孤独感もずっと弱まるんだ。僕の人生すべてが…バーミンガムで夢見る子供だったあの頃から今日に至るまでが、音楽にどれほどたくさんのことができるかの証明だよ」(ジェフ・リン)。
ELOが過去にチャートのトップを席巻したアルバムと同様、ジェフ・リンは新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』でプロデューサー、ソングライター、アレンジャー、リード・シンガー、ギタリストを務める。
ELOとしては、2014年9月、ロンドンのハイドパークでBBCラジオ2主催の『フェスティヴァル・イン・ア・デイ』のヘッドライナーとして約30年ぶりに出演、ソールドアウトにした5万人のファン、そしてテレビ中継を見た100万人近くの視聴者の前で素晴らしいライヴ・パフォーマンスを披露。また今年2015年2月に行なわれた第57回グラミー賞ではエド・シーランと共演、「Mr. Blue Sky」などを演奏するなど、復活の機運が高まっていた。音楽史を象徴する影響力を持つグループのひとつとして知られるELOの新作に注目が集まる!

レーベル:Columbia
【収録内容】
1. When I Was a Boy
2. Love and Rain
3. Dirty to the Bone
4. When the Night Comes
5. The Sun Will Shine on You
6. Ain’t It a Drag
7.All My Life
8. I’m Leaving You
9. One Step at a Time
10. Alone in the Universe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください