David Gilmour – Rattle That Lock 2015

rattle01. 5 A.M.
02. Rattle That Lock
03. Faces Of Stone
04. A Boat Lies Waiting
05. Dancing Right In Front Of Me
06. In Any Tongue
07. Beauty
08. The Girl In The Yellow Dress
09. Today
10. And Then…

『Rattle That Lock』は2006年の『オン・アン・アイランド』以来およそ9年ぶり、通算4作目のソロ・アルバムとなる。デヴィッドとロキシー・ミュージックのフィル・マンザネラが共同プロデュースを手がけ、歌詞はデヴィッドのライティング・パートナーを長年務めるポリー・サムソンが主に担当している。またアルバム・ジャケットはピンク・フロイドの最新作『永遠(TOWA)』に続き、ヒプノシスのオーブリー・パウエルが担当。オーブリーのクリエイティヴ・ディレクションのもと、ザ・クリエイティヴ・コーポレーションのデイヴ・スタンスビーがディレクターを務めている。

back

David Gilmour – guitars (all), lead vocals (all except 1, 7, 10), keyboards (all except 8), piano (1, 3, 4, 5), SNCF sample (2), Hammond organ (2, 5, 9), bass guitar (5, 6, 7, 10), bass harmonica (7), electric piano (9, 10)
Gabriel Gilmour – piano (6)
Steve DiStanislao – drums (2, 3, 5, 7, 9), percussion (2, 3, 7), backing vocals (2)
Guy Pratt – bass guitar (2, 9)
Phil Manzanera – Hammond organ (2, 3), keyboard elements (2, 3, 6), acoustic guitar (3, 9)
Andy Newmark – drums (5, 6, 10)
Danny Cummings – percussion (3, 4, 5, 7, 10)
Damon Iddins – accordion (3)
David Crosby – backing vocals (4)
Graham Nash – backing vocals (4)
Jools Holland – piano (8)
Rado Klose – guitar (8)
Robert Wyatt – cornet (8)
Chris Laurence – double bass (8)
Mica Paris – backing vocals (2, 9)
Louise Marshall – backing vocals (2, 9)
The Liberty Choir – backing vocals (2)
Zbigniew Preisner – orchestration (1, 3, 5, 6, 9, 10)
Michaël Boumendil – original SNCF jingle (2)
Richard Wright – voice sample (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください