35=才戸の渡し

碑文:

北は武蔵国八王子から、南は大住郡矢名村(現秦野市)をつなぐ矢名街道で、この道には、上依知とここの2ヶ所に渡しがあり、江戸時代には、武蔵国からの相州大山参詣道として、たいへんなにぎわいをみせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください