21=猿が島の渡し

碑文:

江戸時代から昭和初期まで、この地に渡船場があった。

猿が島村民は、相模川中洲の耕作地に通うため利用した。

また対岸磯部村とを結ぶ大山道の渡しでもあり、大山参りの旅人に利用されたという。

昭和初期まで、相模川を往来する物資運搬の帆掛け船の発着地でもあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください